かわやの

かわやの

hanacoと名乗ってるのでこんなブログタイトルにしてみました。タイトルと名前を続けて読んでみましょう。

 

交差する僕ら

 天野邸が売りに出されてから、6年。
 天野真琴が夜の歓楽街で働いているという話を、風の噂で聞いた。
 居ても立っても居られなくなった僕は、その繁華街を仕切っているというヤクザの一人と知り合うまでに至っていた。

「お前のいう娘がどの店で働いてるかだと? んなもん、てめえで探せ」

 オープン前の薄暗いホストクラブの店内で、ヤツはそう言った。
 癖のある金髪の青年だった。聞けば僕より年下だという。もしかするとまだ少年の域を出ないかもしれない。

「自分で探せるならとっくにそうしてる。それが難しいから、こうしてアンタに頼んでるんだ」
「それが人に物を頼む態度かよ。この街のキャバクラだけでも何軒あると思ってんだ。お前にできないなら、俺にだって無理だ」

 店内には僕とこいつの二人以外、誰もいない。
 相手がヤクザだからといって、物怖じなんてしていられない。やっと掴んだ彼女の情報なのだ。なんとしてでも手繰り寄せたかった。
 僕はホールのソファに腰かけて、スーツのポケットに手を突っ込んだままふらふらと立ち歩いている相手を睨む。

「アンタはここの従業員なのか?」
「ああ、ボーイの方だけど。問題があった時に怖いお兄さんを呼ぶ係だよ」
「"怖いお兄さん"は、アンタだろ」
「俺なんか下っ端もいいとこだよ。現にお前みたいなオトコ女にナメられてる。それにしてもお前、女にしちゃ背は高いし声だって低い……なぁ、ここでホストとして働く気はないか?」
「馬鹿言え」

 僕は女として見られたくないだけで、男に扮して他人を騙す趣味はない。

「お前さぁ、その真琴って女とどういう関係なワケ? やっぱりそっち系だったりすんの?」

 質問の内容があまりにも下らな過ぎて、否定する気さえ起こらなかった。
 こいつらはいつだってそうだ。誰彼の仲を知りたがり、すぐに色恋や下半身の話題に繋げたがる。
 僕と真琴を、そんなものと一緒にするな。僕らはそんなものから切り離された、やっと出会えた心で繋がれる【仲間】なんだ。

「否定しないんだ?」
「したところでアンタは勘繰るだろ」
「賢明アピール? いいよ、お前がどうしてもその娘を見付け出したいってんなら、俺が手引きしてやるよ」
「……本当か?」
「お前の見た目だったら上手くいくだろ。キャバクラに行って、女たちから直接話を聞いてこい」
「どういうことだ?」

 ヤツは一度バックヤードに引っ込むと、紙袋片手にホールへ戻ってきた。その紙袋を僕に手渡してくる。

「ボーイの振りをしろ。こっちの方が客として出向くより、多くの情報が得られるかもな?」

 渡された袋の中には、どこかの店のボーイのものと思われる制服が入っていた。黒いスラックスにベストまで見える。
 この時の僕は、驚愕の眼差しを相手に向けていたことだろう。

「いいから、いっぺん着替えてこい。奥の控え室、使っていいから」
「なんの真似だ……」
「真琴チャンに会いたくないの?」

 そう言われてしまうと返す言葉もない。仕方なく、控え室を借りることにした。

   *

 着替え終えた僕がホールに出ると、ヤツは大袈裟な手振りで拍手を送ってきた。どこまでも人の神経を逆撫でするのに長けた輩だ。

「思った通り、違和感ないじゃん。ネクタイちょっと曲がってるけど」
「うるさい。これで本当に上手くいくと思ってるのか」
「お前さぁ、手段を選べる立場なワケ? 嫌なら今すぐそれ脱いで、帰ってくれてもいいんだけど」
「……どこの店に行けばいいんだ?」
「それは今から手配する。なぁ、ほんとにウチで働く気はない? お前、今、喫茶店でバイトしてんだって? そんなとこのしょっぱい給料よりうんと稼げると思うけど」
「そんなことはどうでもいいから、アンタは店の手配をしろ!」

 僕がそう言った瞬間、相手の目付きがそれまでと一変した。

「"しろ"?」

 どす黒さを全身で感じ取れるぐらいの、恐ろしく低い声がヤツの喉から響いた。
 冷や汗が滲み出るほどの感覚に、僕は初めて、自分がしようとしていることの危うさを認識した。若かろうが、なんだろうが、こいつも裏社会の人間の一員に違いはないのだ。
 でも、後には引けない。

「……してくれ」

 言い直した僕の言葉にヤツは、唇の端を片方だけ吊り上げると再び奥へ引っ込んでいった。取り残された僕は、ぐったりとソファに座り込む。
 ――これでいいんだ。後悔する必要がどこにある? 真琴が辛い思いを続けることの方が、僕には耐えられない。
 だったら僕は、今度こそ自分を犠牲にしてでも――
 ふと、心配そうな目で僕を見る友人の顔が脳裏に過った。高校時代のクラスメート。今の僕を見たら、あいつならどう思うだろうか。

「きっと、怒るだろうな」

 それでも僕は、同じ痛みを抱える真琴が大事だった。
 何を抱えているのかもわからない、何も抱えていないかもしれない彼とは、比べ物にもならないぐらいに。


---

1作目グッドエンドのアフターストーリーのつもり。まーた黒歴史を増やすのかい、アタシ。
みなさん1作目は遊ばなくてイイんで、トビウオ遊んで下さい。

この主人公書くの苦手なんだよね。私(作者)と性質が全然違うんだもの。
でも暗いところは似てるかもしれん。
 
 

前日カーニバル

 Sensitive……それは、敏感なこと。敏感とは、神経が尖っていること。神経質と同義かは、わからない。
 でも、人の機微に気付けるということだ。
 彼のそんなところは、とても優れていることだと思う。この感情はおくびにも出さないけれど。彼には気取られていないだろうか。

「そういえば、おくびの語源ってとても下品なのね」

 私は隣の彼に向けるともなく、そんな言葉を零した。
 屋上で、風に吹かれて髪とスカートの裾を揺らす私の隣にいる彼。高校生のくせに一丁前にソフトモヒカンなんかつくっている。以前、このせいで頭皮が気になると言っていたのを思い出す。ならやめればいいのに。

「藪から棒になんすか、先輩。また活字だらけのサイトで仕入れた小ネタですか?」

 彼――弘前健二は、うんざりしたような顔で私を見上げた。彼が見上げる格好になっているのは、彼だけが座っているからだ。
 一方の私は屋上の手摺りにもたれている。弘前の言う通り、スマホでネットを見てはいるけれど、仕入れた知識を早速ひけらかしている訳ではない。断じて。

「あなたはスマホで遊ばないの?」
「スマホで満足できる性質なら、先輩と一緒に過ごしたりしませんよ」
「そうね。でも正しくは、文字を読みたくないだけ。違う?」
「誰かさんみたいに、活字は趣味じゃないんで」
「じゃあ、別の遊びをしましょう。あなた男の子なんだから、外で遊ぶものくらい持ってるでしょ。フリスビーなんてどうかしら」
「なんでフリスビーなんすか。まぁ、家にならありますけど」
「なら話が早いわ。明日、ね。いいでしょ、私もやるから」

 私はスマホの画面から目を離すと、弘前を見下ろして満面の笑み(自分ではそう思っている)を浮かべた。
 彼は上目遣いのまましばらく固まっていたが、やがて盛大な溜め息を吐き出した。

「……わかりましたよ、持ってくりゃいいんでしょ」
「聞き分けのいい後輩は好きよ」

 私が褒めると、また一つ溜め息。まったく、何が気に入らないというのか。
 空を見上げれば、雲一つない抜けるような青色が広がっている。少しでも気を抜けば吸い込まれて、どこまでも落ちていきそうになる。

「依頼、入ったわ」

 今度は決して独り言なんかじゃなく、明確に伝えようという意識を込めて、ソフトモヒカンのてっぺんを見つめた。

「そっすか」
「多分、今頃は契約上のルールやらその他決まり事も相手に伝わってる筈。明日は寝過ぎに注意して」

 私がそう言うと、弘前はそこで不敵な笑みを浮かべた。そういえば、今日、彼の笑顔を見るのは初めてな気がする。

「俺を誰だと思ってんすか。いつどんなところでも寝られるのが俺だって、先輩ならよく知ってんでしょ」
「のび太くんみたいね」
「やめて下さい」

 他愛のない会話による応酬。それだけでも時間は過ぎていく。
 弘前と過ごす穏やかな時間は、なるほど悪くないなと私は思っている。Sensitiveな彼になら、この好意的な感情は読み取れるだろうか。
 ――それはないでしょうね。夢でも盗み見られない限り。
 さて、明日は少しだけ疲れることになりそうだ。
 どうか強い風が吹かないようにと祈って、私は明日のフリスビーに備えることにした。


---

後日のお話はこちらで読めます。


伏田のアニキ、すんません。
勝手に前日談を書いてしまいやした。

問題ありましたら遠慮なくお申し付け下さい。
これを書いてる時、私はとても有意義な時間を過ごせたように思います。


あでゅー。
 
 

ライターと探偵

一昨日は大変申し訳ありませんでした。

今、疲れが溜まってる状態でして、ゲームのシナリオも行き詰ってて、
ついネガティブな記事を書いてしまいました。
そして消しました。

しかもそれを2回繰り返しました。

こんな見苦しい姿を見てしまった方。
どうか見逃して貰えると幸いです。



息抜きとリハビリを兼ねて、久々の小説モドキです。

---

 布団を蹴り飛ばすと、わたしはむっくりと重い体を起こした。
 ああ、だるい。おまけに体中が汗のベールに覆われているみたいだ。
 がしがしと頭を掻く。その指を嗅いでみた。……流石に少し、臭いかもしれない。
 床に足を付けて立ち上がり、ふらふらとした足取りで浴室へと向かった。最後に風呂に入ったのは、三日前だった。

   *

 シャワーを浴びたままの姿でリビングに戻ると、ソファに彼が腰かけていた。
 わたしの姿を認めるなり、煙草に火を付けながら、垂れ気味の目元にしわを寄せた。

「よお」

 何が「よお」なんだか。
 わたしはタオルで髪を拭きながら、表情を変えることなく彼のくたびれた笑顔を見据えた。

「……わたし、すっぽんぽんなんだけど」
「見りゃわかる」
「ここ、禁煙なんだけど」
「これ吸ったらもう吸わねえよ」
「じゃあ、換気扇の下行って」
「窓開けりゃいいだろ」
「虫入るから」

 彼は「やれやれ」と口に出すと、キッチンへ向かった。人んちで何してんだ、こいつ。

「ちゃんとメシ食ってんのか?」

 換気扇のスイッチを押してからそんなことを言ってくる。わたしが答える前に、彼は踏んで開くタイプのゴミ箱の蓋を開けていた。

「……なんだ、こりゃ」

 その彼が素っ頓狂な声を上げる。無理からぬことではあった。中身は半透明のどろどろで一杯になっているのだから。

「スライムだけど。ご存知ない?」
「イイ歳してスライム遊びなんかしてるのか?」
「仕事で使ったから」
「相変わらず変な仕事、続けてんのな」
「あんたに言われたくない」

 わたしは普段、在宅で変な記事を書くライターの仕事をしている。
 先日は「スライム風呂で酒盛りしてみた」という写真付きの記事を書いて、そのせいで見事に風邪をひいた。ついでにお腹も壊して、三日三晩ほぼ寝たきりの生活を送っていたという訳だ。

「それより早く服を着ろ。誘ってんのか?」
「生憎そういう気分じゃないから、着る」

 キッチンの彼に背を向ける。それからリビングに移動して、洗濯済みの山の中から一着拾い上げる。ウサギちゃんがプリントされたダサいワンピースだ。
 首にかけていたタオルを取った時、改めて「髪、伸びたなぁ」と思った。背中にべちゃっと張り付く感触が気持ち悪い。
 ワンピースを着て、同じように山から拾い上げたパンツを履いて、彼の側に戻った。

「で、ちょうど病み上がりのタイミングでうちに来たのはなんで? 盗聴か隠し撮りでもしてるんじゃないでしょうね。そんなことしたら、頭かち割って脳みそジュースにして食ってやるんだから」
「ジュースなのに食うのかよ。ていうか、昨日電話した時には大分回復したって言ってたろ。それに心配しなくても、そんなことはしないよ、俺はお前を信用してるから」
「舐めてる、の間違いでしょ」
「そうとも言う。とにかく盗聴も隠し撮りもしてないのは本当だ。それより、この写真の奴に見覚えはないか?」

 彼は黒いジャケットのポケットから取り出した写真を見せてきた。
 ポラロイドで撮影されたその写真には、若い女が一人、映っている。まあまあ綺麗な方だとは思うけれど、笑みのない不愛想な顔をしていた。

「知らない。誰、この女」

 彼に写真を突き返す。
 浮気相手か? でもそれなら恋人であるわたしに見せることはないと思い至って、その線は消した。十中八九、仕事絡みだろう。

「この女性の妹って人が、俺に捜索を依頼してきたんだ。GPSはY県を最後に途絶えてるらしい」

 この人は俗に言う、探偵稼業でご飯を食べている。と言ってもほとんど儲からないらしく、デートの時にファミレスとファストフード以外で食べさせて貰った覚えはなかった。
 まあ、これに関しては、彼以上に儲からない仕事をしているわたしに文句を言う権利はない訳だけれど……。

「Y県って……また随分と遠い」
「ああ、だからお前に協力して欲しいと思ってな」

 ようやく煙草を吸い終えた彼は、持っていた携帯灰皿で火を消すと、縋るような目を向けてきた。
 わたしは、ギラつくような彼のこの目に弱い。

「それは構わないけど……何? Y県と近隣の監視カメラの映像でも洗えばいいの?」

 わたしは何もライターだけを生業としている訳じゃなかった。裏稼業……とでもいうのか。副業として、ハッキングを行っている。
 こんな風に彼から頼られるのは、もう何度目になるかわからない。言ってしまえば慣れたものだと思っていた。
 けれど、今回は様子が違った。

「それももちろん頼みたいが、俺と一緒に来て欲しいんだ」
「はぁ? なんで?」
「このヤマが一筋縄じゃいかなそうってのが一番の理由だが、その、なんだ、普段どこにも連れてってやれてないのを申し訳なく思ってるというか」

 歯切れの悪い返事だったが、わたしには彼が何を言おうとしているのかわかった。わかってしまった。

「仕事と旅行を混同する訳? ちょっと何言ってるのかわからない」

 わかったからこそ、わからなかった。
 思わず芸人みたいな返しをしてしまったが、彼は引かなかった。

「どのみち通話でやり取りしてたんじゃ、時間がかかるだろう。だからほら、来てくれ」

 ぐいっと腕を引かれ、そのまま玄関まで引っ張っていかれる。
 でも、なんだろう。気分が高揚しているのも確かだった。
 遠出ができる――それだけで子供みたいにテンションが上がってしまうのだ。病み上がりだけど。
 気合の入っていない抵抗は意味を成さず、気付けばわたしは彼の運転するエスクードの助手席に座っていた。
 わたしの持ち物はノートパソコンと、化粧道具の入った鞄ぐらいのもの。準備をする暇なんて与えてはくれなかった。
 仕方がないので、この報酬で美味しいものをご馳走することを彼に約束させることで妥協した。


 仕事を兼ねたこの旅行は、果たして楽しめるだろうか。
 ふと期待の中に芽生えた一抹の不安は、やがて単なる不安では済まなくなっていた。


---

力尽きました。

続きません。
(多分)
 
 

あの時言い淀んだこと

こちらからお題とインスピレーションをいただきました。



 鼻毛が見えている。


 友達のかよこちゃんの顔を見た瞬間、私は固まってしまった。

 かよこちゃんは優しくて、明るくて、賢くて、とっても綺麗な女の子。
 肌は白くてすべすべだし、長い髪はサラサラ。
 クラスのみんなの憧れの彼女が、私に話しかけてきてくれたのだ!

 なのに、鼻毛が見えている。
 それも、サインペンの細字と太字の中間ぐらいのぶっといのが。

 えっ、あのかよこちゃんの可憐な鼻の穴から?
 嘘でしょ。

「おはよう、まなちゃん。色付きリップ付けてきたんだね、似合ってるよ!」

 ――あなたの毛付き鼻柱は似合ってないよ!

 そうは思うが、素敵な笑顔を目の前にしてそんなことは言えない。
 どうせなら今日じゃない日に話しかけてきて欲しかったというのに。
 なんで色付きリップを付けたのが今日なんだろう。
 私は今朝の私を恨んだ。
 どうせなら昨日か、恐らく気付いて処理を済ませただろう明日にしてくればよかったのに!

 せっかくの素敵な笑顔よりも、今は顔の真ん中の黒い線に意識が行ってしまう。

 いや、あれ。
 この鼻毛、なんか動いてない?

 よく見るとかよこちゃんの鼻から覗く異物ともいえる物体がふわふわと揺らめいてる。
 鼻毛とはいえかよこちゃんから生えているものだと思えば、風に吹かれる1輪の鼻、じゃなかった花を連想できないこともないけれど……。

 ん? ちょっと、これって。
 かよこちゃんの呼吸とぴったり動きが合ってない?

 彼女が息を吸っただろうタイミングで毛先が上に向かって、
 吐いただろうタイミングでぴんと伸びた状態で小刻みにぴろぴろぴろーっと揺れている。

 やめて。……やめて。
 流石に笑っちゃうから。
 もう美少女とかどうでもよくなっちゃうから!

 私が鼻毛と同じようにぷるぷるしながら笑いを堪えていると、どこからともなく美味しそうな匂いが漂ってきた。
 これは、からあげ?
 いや、違うな。これと同じ匂いをマクロッテリナルドで嗅いだ記憶が――

ー、ナゲットなんか朝っぱらから教室で食べないでよ」

 どこからか飛ばされた野次を聞いた瞬間、我慢の限界に達した。
 いきなり吹き出した私をかよこちゃんが覗き込んでくる。

「どうしたの、大丈夫?」

 不安げに寄せられた眉根。
 眉の形は整っていて、細いのに薄いという訳じゃない。
 利発そうな目元に、唇はふっくら桜色。
 その瞳と唇の間にあるのは、決して低くはないのに小振りな鼻と――飛び出す鼻毛。

 やめて、やめて……心配してくれるのは嬉しいけど、それは反則なんだって。
 だめ、だめ……。
 今、その、顔を、近付けないで!

「かよこからも男子に言ってやってよ! ……あれ、どうしたの?」

 今度こそ声を上げて笑い出しそうになった時、かよこちゃんの横からクラスメートが彼女を呼んだ。
 さっき、ナゲットを食べだした男子を注意していた女子だ。
 かよこちゃんの意識がそちらへ向く。
 あっ、だめっ、今振り向いたら被害者が――

「って、かよこ鼻毛出てるって!」

 かよこちゃんと顔を合わせた瞬間、あろうことかこのクソアマははっきり真実を述べやがった。
 目に見えてかよこちゃんが動揺しだす。

「えっ。うそっ」

 慌てた様子でそう言いながら、ポケットから折り畳み鏡を取り出している。
 私の中で、大事に大事に守っていた何かががらがらと崩れていく音が響いた。

 ああ、終わった。
 なんとか傷付けまいと頑張っていた努力の全てが、アホなクラスメートの一言でいとも容易く無駄になるなんて……。

 ところが。

「あぁー、これひじきだ!」

 かよこちゃんは笑っていた。
 ……は? ひじき?

「今朝食べてる最中、なんか鼻がむずむずするなーって思ってたんだよねぇ」

 かよこちゃんは、今度はティッシュを取り出すと鼻を拭った。

「ほら」

 すると、あら不思議。鼻毛はかよこちゃんの顔から綺麗さっぱり消え失せていたのだ!
 えっ、ほんとに? ほんとにひじきだったの?

「なぁんだ、ひじきかー」

 クラスメートも納得した様子だった。
 ……まじで?

 それどころか「教えてくれてありがとー」と、クラスメートがかよこちゃんから感謝されている。
 ま、まじか。こうなるとわかっていたら、私が指摘していたのに……!

 でも私は人知れず胸を撫で下ろしていた。

 ずっと揺れる鼻毛だと思っていたのが実はひじきだったなんて。
 早とちりって怖い。
 そうだよな、かよこちゃんは美少女なんだから。

 でもそこまで考えて、思い至ることがあった。
 あの鼻毛、じゃなかったひじきは――かよこちゃんの呼吸に合わせて揺れていた。

 手を振ってから去っていくかよこちゃんの後ろ姿を、驚愕に見開いた目で見送る。


 かよこちゃん、鼻息荒かったんだな。
 
 

救世主になる話

深夜テンションで書いた。勢いで上げます。
見直しはしたけどちゃんとはしてない。

後悔なんかしないもん。



 ――物語を書かないと世界が崩壊する!

 そんな恐ろしい文言が頭に浮かんだ私は、今、執筆に勤しむべくパソコンの前に座ったのだった。
 しかし重大な問題がある。
 私には物語を書いたことなどない!!

 妄想ならよくしている。
 今1番のフェイバリットは、私は実は王族の血を引く一族の末裔で、顔を合わせば喧嘩ばかりしていたクラスメートがこれまた実は前世で自分の恋人だったと知って以来、彼と一国を築くべく一念発起するという内容で――

 ああっ、今はそれどころではない!
 窓の外に目を向けると、庭に植えられた松の木が1本、急速な勢いで枯れ出していた。
 やはりふと降り立った感覚は単なる妄想ではなかったのだ。
 なんでもいい、何か書かなければ世界が崩壊する。地球の未来は私の手にかかっているのだ!

 私は「メモ帳」を立ち上げると、手当たり次第にキーボードを叩き始めた。
 モニタに文字が打ち込まれる。

「hzふぃhfsjfぃあh;hgじlgh」

 庭の木が粉塵の如く崩れ落ちた。

 ああっ、世界が……世界が崩壊する!

 落ち着け私。
 人生に1度あるかないかという状況にいきなり陥って混乱するのはしょうがないことだが、焦ったってどうにもならないぞ。
 文字を打てばいいという訳じゃないのだ。
 書くべきはっ、物語っ、なのであるっ。
 急げー。

"I am descendant of the royal family.
He is a classmate.
He was a past lover.
We intend to build a country."

 お隣さんの庭でボール遊びをしていた子供が一瞬でミイラと化した。

 えぇっ、これもだめなの?
 英語の教材みたいな英文のせいだろうか。
 そもそも私は英語が得意じゃないのだ。
 それとも日本語じゃないといけないのだろうか。
 そういえば私は日本人なのだった。もっと言うと母国語しかできない。
 くそっ、どうして最初からお国言葉を使わなかったのか……!

「せやかて工藤、言うたやろが。ワイのジッジのジッジのそのまたジッジは王様なんや! 前世で結ばれてたワイらは無敵や! せや、建国したろ」

 我が家の半径50メートル以内の家屋が全て吹き飛んだ。

 うーん。お国言葉はだめだな、やっぱ。標準語でないと。ていうかそもそもお国言葉ですらないし。
 ちなみにクラスメートの名前は工藤である。変な薬を飲まされて子供になった探偵のことではない。

 しかし困った、何を書いたって崩壊を止められる気が全くしない!
 私は昨日の晩ご飯の献立を大声で叫びながら頭を抱えた。

 ああっ、だめだ……私に物語を書くだなんて、無理な話だったのだ!
 世界よ、ごめん……私に君はマモレナカッタ……。
 窓の外に巨大竜巻が渦巻いているのを眺めながら、私は己の無力さを嘆くしかなかった。

 ……ん? 無理な「話」だった……?

 その時、私に電流走る。
 そうだ、今のこの状況こそ物語足り得ないだろうか!
 天啓を得た私は勢いよく頭を上げると、破竹の勢いでキーボードを叩き出した。
 ありのままを書くのだ……偽らざる事実。イッツマイストーリー!! レリゴー、レリゴー。

 家の壁ががたがたと悲鳴を上げる。
 竜巻がすぐそこまで迫っている。
 それでも私はキーボードを叩く手を止めない。
 私がこれを書くのを辞めたら、世界は――私という物語は、終わってしまうのだ――

 窓が割れる――直前。
 それまで自宅を揺らしていたのが嘘だったかのように、ふっと竜巻が立ち消えた。
 私が現状を描写し終えた瞬間だった。

 雲の切れ間から日が射し、その光と熱が部屋の中にまで注がれる。
 ぽかぽかと暖かい。
 いつの間にか、屋根には雀が戻ってきていた。ちゅんちゅんと可愛らしい鳴き声を上げている。

 世界に、平和が戻っていた。

 閉じていた窓を開ける。爽やかな風に髪を揺らされた。
 私は殺風景になった自宅周辺を眺めながら、ぽつんと独り言を零した。

「世界とは犠牲の上に成り立つものであり、また同時に世界とは自分自身でもあるのだ……」

 こうして世界は、私の手によって救われたのだった。
 
<-   04 2018  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

hanaco

Author:hanaco
滋賀在住。躁うつ気味。
趣味でノベルゲームつくってます!!作品はここについてにリンク張ってます。

何かを書き続けていたいです。

■like
オンガク…LiSA/遊女/Hilary Duff/THE ORAL CIGARETTES/JUDY AND MARY
ブランド…Scolar/ACCOMMODE/PARADOX/SILLENT FROM ME
ソノホカ…桜庭一樹/クラピカ(←最萌え!!)

作詞のお仕事を募集しています。詳しくはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS