FC2ブログ
かわやの

かわやの

書きたい時に書きたいことを書きたいだけ。ノベルゲーム置いてます。フリーの作詞家になることもあります。クソ記事非公開にしました。

 

前日カーニバル

 Sensitive……それは、敏感なこと。敏感とは、神経が尖っていること。神経質と同義かは、わからない。
 でも、人の機微に気付けるということだ。
 彼のそんなところは、とても優れていることだと思う。この感情はおくびにも出さないけれど。彼には気取られていないだろうか。

「そういえば、おくびの語源ってとても下品なのね」

 私は隣の彼に向けるともなく、そんな言葉を零した。
 屋上で、風に吹かれて髪とスカートの裾を揺らす私の隣にいる彼。高校生のくせに一丁前にソフトモヒカンなんかつくっている。以前、このせいで頭皮が気になると言っていたのを思い出す。ならやめればいいのに。

「藪から棒になんすか、先輩。また活字だらけのサイトで仕入れた小ネタですか?」

 彼――弘前健二は、うんざりしたような顔で私を見上げた。彼が見上げる格好になっているのは、彼だけが座っているからだ。
 一方の私は屋上の手摺りにもたれている。弘前の言う通り、スマホでネットを見てはいるけれど、仕入れた知識を早速ひけらかしている訳ではない。断じて。

「あなたはスマホで遊ばないの?」
「スマホで満足できる性質なら、先輩と一緒に過ごしたりしませんよ」
「そうね。でも正しくは、文字を読みたくないだけ。違う?」
「誰かさんみたいに、活字は趣味じゃないんで」
「じゃあ、別の遊びをしましょう。あなた男の子なんだから、外で遊ぶものくらい持ってるでしょ。フリスビーなんてどうかしら」
「なんでフリスビーなんすか。まぁ、家にならありますけど」
「なら話が早いわ。明日、ね。いいでしょ、私もやるから」

 私はスマホの画面から目を離すと、弘前を見下ろして満面の笑み(自分ではそう思っている)を浮かべた。
 彼は上目遣いのまましばらく固まっていたが、やがて盛大な溜め息を吐き出した。

「……わかりましたよ、持ってくりゃいいんでしょ」
「聞き分けのいい後輩は好きよ」

 私が褒めると、また一つ溜め息。まったく、何が気に入らないというのか。
 空を見上げれば、雲一つない抜けるような青色が広がっている。少しでも気を抜けば吸い込まれて、どこまでも落ちていきそうになる。

「依頼、入ったわ」

 今度は決して独り言なんかじゃなく、明確に伝えようという意識を込めて、ソフトモヒカンのてっぺんを見つめた。

「そっすか」
「多分、今頃は契約上のルールやらその他決まり事も相手に伝わってる筈。明日は寝過ぎに注意して」

 私がそう言うと、弘前はそこで不敵な笑みを浮かべた。そういえば、今日、彼の笑顔を見るのは初めてな気がする。

「俺を誰だと思ってんすか。いつどんなところでも寝られるのが俺だって、先輩ならよく知ってんでしょ」
「のび太くんみたいね」
「やめて下さい」

 他愛のない会話による応酬。それだけでも時間は過ぎていく。
 弘前と過ごす穏やかな時間は、なるほど悪くないなと私は思っている。Sensitiveな彼になら、この好意的な感情は読み取れるだろうか。
 ――それはないでしょうね。夢でも盗み見られない限り。
 さて、明日は少しだけ疲れることになりそうだ。
 どうか強い風が吹かないようにと祈って、私は明日のフリスビーに備えることにした。


---

後日のお話はこちらで読めます。


伏田のアニキ、すんません。
勝手に前日談を書いてしまいやした。

問題ありましたら遠慮なくお申し付け下さい。
これを書いてる時、私はとても有意義な時間を過ごせたように思います。


あでゅー。
 
 

残念、それは残像です。

はいでぃほー。



昨日は一晩中ジャスティスボーイシリーズ観てました。


内容は1期が好きですが、OPとEDは2期が好きです。
なんだこれ。かっこよすぎるんですけどー。

これはニコニコで観た方が面白いかもしれん。


ジャスティスボーイ真は、悪いやつを見ると許しておけない性分。
こどもたちを困らせる悪い大人を懲らしめる、正義の男の子です。



内容は1期が好きって言ったけど、1番好きな話は2期の3話だったりする。



あと中学生連合(1期11話から登場するやつ)、好き。
比古清十…じゃなかった。近藤武の声だけど、本人に寄せてる感じはすごく伝わってくるね。えっ?


関係ないけど、作者の人は福山雅治のモノマネが上手です。



突然ですが私、注射が嫌いです。
採血が嫌いです。

痛いのが嫌いです。

だから、ピアス穴も開けてません。開けられません。


私が音楽好きなのは、耳が寂しがってるからなのかな。
(ぜってー、ちげーぞ)



1週間の休暇貰えることになったけど、その連休明けに連勤っすか。

シフト組んでる人にお礼としてちょっとしたお菓子でも渡そうかと思ってたけど、
これじゃちょっとお礼はできんな。


でも長期休暇貰えるだけ御の字かな。
そう思うことにしよ。



そんなカンジ。



キミはそっちで遊ぶ。
アタシはこっちで遊ぶ。

でも。

アタシはキミも好き。



あでゅー。
 
 

あの日、胸を穿った衝撃

はいでぃほー。



今日は快晴で、絶好のドライブ日和でした。

ほんとはブロッコリー(仮名)と福井にあるっていう美味しいお寿司屋さんに行く約束してたんだけど、
そのブロッコリーが腰いわしちゃって行けなかったんだよね。

残念だけど、こればっかりは仕方ない。

かなり心配なんで、ちゃんと回復してくれることを願ってます。


今日はこんな感じだったんで、代わりにお母さんに会ってきたよ。

1ヶ月振りに会ってびっくりした。
誰!?ってぐらい顔がまんまるになってたの。

今まで飲んでた薬を変えて、食欲が出てきてからこーなったらしい。
腫れてるとか変な太り方じゃないなら、痩せるよりずーーーっとイイんだけどね。

そのお母さんとは、いつも通り取り留めもない会話をして過ごしたよ。
すげー深い話もした。
もうなんつーか、ここでは書けないような内容。笑

あと、ファイナルカット観てること言ったらお母さんも観てるってさ。
こんなことで、ああ親子なんだなぁ。って感じました。



さて。


少し前のことですが、大好きなノベルゲーム、ホワイトノイズをもう1度初めから遊んでみました。

久しぶりとはいえ、もう何回も見たシーンなのに、
瑞希が慟哭する場面と、ボーカル曲のGray skyが流れるラストシーンでは目頭が熱くなって、
気付いたら目元を拭ってました。


たとえ演出がベタなのだとしても。

王道が王道足る所以がわかるよね。
それだけ多くの人を感動させてきたってことなんだから。

だからベタだろうとなんだろうと、あの演出に泣くもんは泣くんです。


なんであんなに複雑な人の心が書けるんだろう。
なんであんなにウィットに富んだ台詞回しができるんだろう。
なんであんなに的確な演出ができるんだろう。
なんであんなに魅せ方が上手いんだろう。


時には表現がくどく、やたらと長い1文が続くかもしれない。

でもイイんです。
面白いんだから。

かなり難しい内容だから、人を選ぶとは思うけど。
攻撃的で、哲学的で、人の醜さを描き、尊さを描き、戦慄と軽蔑、時々共感。

もう。いくらでも語れます。笑


私にはできないことをやってのける、イヌビトというサークルのメンバーを、私は心から尊敬します。
(なんで新作エターナったの…)


私の作品は優しさを内包し過ぎてる。
完全な悪人が(ほぼ)出てこない。

おかしいね。私個人は性悪説論者なのに。
(恐らく、自分の中にある理想を表現してるんだろうけど)

だから今後はもっと、攻撃的な作品もつくっていきたいです。


もし私が性善説論者に見える人がいたら、このブログでの私の猫の被り方が上手いだけです。笑


どんな人も、根本は利己的で傲慢な筈。人種も生まれ育った環境も関係なく。
ヒトに限らず、生き物なら。かな。

それでも仲良くできるなら、それでイイんです。


1人きりでは生きてけないけど、本質的な部分じゃみんな孤独。
自分の気持ちや感覚を正しく理解できるのなんて、自分しかいないから。

それでも仲良くできるなら…

私はそんな考え方です。


閑話休題。
(使い方合ってる?)


こちらも併せまして。

ノベルゲークリエイターには非常に興味深く、かつ耳が痛い記事を見付けました。


わかってた。とっくにわかってたよ。


だって確信してるもの。

時代が時代なら、トビウオは週刊アスキーに掲載されてたって!!
(12年ぐらい遅い)

この周回遅れ感な。


あと、

>ノベルゲームの制作者は ゲームを作りたいからノベルゲームを作っているのでは無く
>そのシナリオを実現したいために、ノベルゲームを作っているのでは?

この部分。

ぎくっとしたよ。


私は今までたくさんのノベルゲームを遊んできて、たくさんの楽しみとか感動とか。気付きなんかを貰ってきました。
読み物だから、ゲームが苦手な私でもちゃんと楽しむことができる。
だから私もその1つになれたらイイ。そう思ってゲームづくりを続けてます。

でもその気持ちの根底には、文章を文章のままにしておきたくない。っていうのがあります。

せっかく書いたのだから、もっと理想に近付けたい。
音楽が好きなのだから、シーンに合うBGMを選ぶ楽しさを感じてたい。
時には誰かを巻き込む緊張感や喜びを味わってみたい。

必ずしも「ゲーム」ってカタチにならなくても構わない。

ただ、せっかくゲームというカタチが取れるのだから、完全な1本道じゃつまらない。
(今後、完全1本道の「ビジュアルノベル」をつくらないとも限らないけど)

そんな気持ちが、確かにあります。


でも、

>ゲームを捨てた時の 可能性
>大作志向 から脱却できるかも

この部分に救われる思いになったのも、事実なのでした。


今日も私は、ゲーム(または、ビジュアルノベル)にするつもりで小説(みたいなもの)を書くよ。


いつかアナタを巻き込む日がきたら。

その時はどうか、よろしくね。



あでゅー。
 
 

言うことと言わないこと。の、さじ加減

はいでぃほー。



買ったーー!!

DSC_0407.jpg

遊女のシンガーソングライター気取りと、RE:SENTIVE。
写真、めっちゃ反射してるけど。


ずぅーっと、ちゃんと聴きたかった。

アンケートサイトでポイント稼ぎ、頑張ってよかったーー。


でも、雨上がりの空とキミ…じゃなかった。
雨上がりの空の下、収録してて欲しかった。笑



大好きな音楽談義?はここまでにして。


まだまだ寒いけど、3月になったね。なっちゃったね。


花粉症の私とって春は1番嫌いな季節だけど、
春の晴れた日には湖岸沿いをドライブしたくなるよ。

免許持ってないから運転は人任せだけど。


2月の最終日は昼までイイ天気だったんで、少し早めに起きてお布団干しました。

もちろん、バンバン叩いたりなんかしてないよ。

それでも軽くはたいただけで、もわっと広がる埃を見て、
私はなんちゅーとこで寝てたんだ。ってぞっとしました。



さて。大事なお話。というか、本題。


今回の記事は私の執念深い部分が露呈されることになるんで、
正直、あんまり書きたくないなぁ。って思ってます。


でも、書きます。

聞いて欲しいから。
伝えたいこともあるから。

何より、自分が忘れない為に。


前回、カラーを頼んだにも関わらずマニキュアを使った美容院の店名晒すって言ってましたが。

事情が変わりました。


結論から言います。

現金書留での返金対応になりました。


ただ、まぁ。
これから述べるけど、お前そうじゃないだろ。って思うことも山のようにあるんで…

その店は関西の田舎にあるエから始まりスで終わる有限会社。とだけ言っときます。
ホットペッパービューティーどころかグーグルにもお店登録されてないようなとこ。


まず、問題になった一連の流れを簡単に書き出してみると、


1/23
・24日15時にカットとブリーチ(脱色)と青色のカラーの予約をする
・青のカラーがないと言われ、24日はカットとブリーチだけにし、カラーは26日にする約束を取り付ける

1/24
・15時来店
カットが済んだ段階で帰されそうになる。今日はブリーチもやると言っていた約束と違う旨を告げ、約束通りブリーチも行う

1/26
・カラーが届いたとのことなので、15時再来店
・担当の店員から「見本通り鮮やかになる」と言われた為、その言葉を信じ店員のやるようにやらせる
・16時に担当の店員が退店。残ったスタッフが施術を行う
・17時頃、仕上がりを見ても青く染まっていない。どう見ても金髪なのに青だと言い張られ、帰される

1/27
・知人にも見て貰ったがどう見ても青ではない為、店に電話
・2/10の14時にやり直しをすることに(この際、15時からを希望したが店員個人の都合により14時を指定される)

2/10
・14時に再々来店
・これまでの不満を伝える。この際の具体的な不満点は、
 ・途中で帰るぐらいなら最初から担当しなくていい(指名した訳でもないあなたの都合になぜこちらが合わせなければいけないのか)
 ・担当してもいいけど引き継ぎはちゃんとして欲しい
 ・言った通りに出来てないのに帰されるようなことがあったら困る
・この日の施術後に初めて、カラーではなくマニキュアを使用していたことを伝えられる

※カラーは髪の中まで染まるので色落ちしにくい。マニキュアは表面をコーティングするだけなのですぐに落ちる


私は正直、今回のことは半分以上、詐欺だと思ってるんで、
時間は経ってるものの2月の話だし、施術直後の写真も撮ってる訳だし。ってことで、
消費者センターに相談したんです。

初めての消費者センター。
できることなら使うシチュエーションなんて訪れて欲しくない機関。

相談員には上の流れを説明して、店には自分たちのしたことを理解して欲しいと告げました。
結果はその日の内に出ました。それが返金対応でした。


それはいいんです。
私だってそれを望んでなかった訳じゃないから。

でも…


消費者センターの人。「クレーマーって思われたら嫌だなんて思わずに、今後はちゃんとコミュニケーション取ってね」って…実際見てないあなたはそう言うけど、
あそこの美容師は「○○でいいですか?」って聞き方じゃなくて「○○にするから!」って言い方だったんですよ。
コミュニケーションをシャットアウトしてるの向こうじゃん。

これもう、相談員には言わんかったけど。


それに、全額返金(カット代込みってこと)は過剰だと思う。

契約不履行って観点から、一部じゃなく全部。って扱いらしいけど…

(カラーと称した)マニキュア代だけ受け取って後は返す。って相談員に伝えたけど、
「それはやめた方がいいです」って釘を刺されました。

店側の言い分は「これで水に流してまた来て下さい」らしい。

その為のお金ならほんと、いらんから。
だってこっちにはもう、よほどのことでもない限り行く気はないんだし。
(よほどのことってのは、そこ以外の美容室の値段が高騰したり、そこ以外の美容室が爆発したり)

何より、私に芽生えた不信感は完全に根を張ってる訳だから。

なんかこれ、あぶく銭だな。
受け取ってもさっさと使ってしまおう。
形に残らないモノで。ご飯とか交通費とか。


そもそも。

消費者センターっていう公の機関から連絡があってびびってる部分が大きいでしょ?
私1人がどんだけ不満を述べたところで、あんた(店長)、下っ端に任せきりで知らん顔だったじゃん。

これもセンターの人には言わんかったけどね。


でも、全体的にセンターの人は親身になって話聞いてくれたよ。
結構一方的に喋るきらいのある人だったけど(センターの方針?)、
話し方自体は穏やかだし、こっちの言うことにも同意を示してくれた。

変なおっさんとかだったらどーしよーって思ってたから、よかったっちゃよかったかな?


この美容室だけど。実は子供の頃から行ってたんです。

ちょっとした不満なら、それまでもあったよ。
喋りかけないで欲しいのにほっといてくれないとか。その程度のこと。

でもこんなにひどい対応されるとは思わなかった。

払ってもいいと思える料金設定の店の中で最も近くにあるからって理由だけで、
たったそれだけの理由の為に、通い続けてた自分を憎らしく思います。


世の中、変なクレーマーがいるせいで真っ当な意見も真っ当に見えにくくなってるけど、
なんであの時、カラーって言ったのになんでマニキュア使ったの。ってちゃんと言えなかったんだろ。

それ以前の不満を1度伝えてたせいで、心折れたってのはあるけど。それにしても。


言いたいことはちゃんと言うようにしよう。って決めたのに。
また遠慮する悪い癖が顔を出した。

私は相変わらず不意打ちに弱い。


あーーなんでこんなだめなやつなんだろう。

いつになったら成長できるんだろう。

自分が情けないです。


考えれば考える程、マニキュア代以外いらない。って気持ちになってきました。
どうしてもあの場面、この場面に矛盾を感じて、許せそうにないから。


なんだろうね。

不満を口に出さないのは美徳でもなんでもない。
自分が苦しいだけ。


余計なことは言うべきじゃないけど、
言うべきことは言わなきゃいけない。

生きてくって、ほんっとぉぉに難しいよね。


とにかく私は疲れました。

ヘッドフォンで音楽聴いて、美味しいお酒(あんず酒)飲んで明け方を過ごしてから、干したての布団に潜り込もうと思います。


あ…お金受け取ったらまたセンターに連絡入れないと…



じゃあね。
 
<-   03 2018  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

hanaco

Author:hanaco
自作ノベルゲームはここについてにリンク張ってます。

作詞のお仕事を募集しています。詳しくはこちら

■like
オンガク…LiSA/遊女/Hilary Duff/JUDY AND MARY
ブランド…HYSTERIC GLAMOUR/RODEO CROWNS WIDE BOWL/ACCOMMODE

リンクフリー。
むしろ嬉しい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS