FC2ブログ
かわやの

かわやの

書きたい時に書きたいことを書きたいだけ。ノベルゲーム置いてます。フリーの作詞家になることもあります。

 

第2回会話祭り

はいでぃほー。



アニキこと伏田さんの企画への参加作です!!

※作中の行為を絶対に真似しないで下さい


テーマ「殺人鬼」

セリフの志向性「泣ける」

タイトル「懺悔」


---

「一人語りをしようと思う。聞いてくれると嬉しいけど、聞き流すならそれはそれで構わない。勝手に喋るから。
 わたしは人を、殺した。
 それも一人や二人じゃない。三人を。……二人も三人も変わらないとか言わないでよ。
 それで、まず一人目だけど、血が繋がった家族だった。うん。おばあちゃん。病気だったんだけど、もう治らないって言われた。生命維持装置に繋がれて、わたしはそれを側で見守ってた。
 優しいおばあちゃんだった。若い頃の写真を父さんに見せて貰ったことがあるけど、全然、美人じゃなかった。昔から優しいだけが取り柄の女の人だったんだと思う。でも、孫のわたしは彼女のことが大好きだった。
 眠ったままのおばあちゃんに一瞬、ほんの一瞬だけ、意識が戻る瞬間があった。大人たちが席を外してる時だった。おばあちゃんはもう喋れなかったけど、目でわたしに話しかけてきたんだ。"苦しい、もう死なせて"って。わたしたちの繋がりは濃かったから、言葉なんてなくても理解できた。
 わたしはおばあちゃんのことが大好きだったし、死んで欲しくなんかなかったけど、大好きだったから、これ以上、苦しんで欲しくもなかった。何より、おばあちゃん自身の頼みでもあったから……。
 生命維持装置を外されて上手く呼吸ができなくなったおばあちゃんは、苦しそうだった。でも、最期には安らかな顔をしてた。おばあちゃんが死んだのを確認してから、外してた装置を元に戻した。それから、慌てた振りをしてお医者さんを呼びに行った。わたしはまだ子供だったから、疑われることはなかった。これが、最初の殺人。
 次は恋人だった。ちゃんと付き合って、愛し合った人。でも……その恋人はわたしを裏切った。あろうことか、わたしの家族と関係を持った。家族からしても不倫だった。で、それがばれた。お陰でわたしの一家はめちゃくちゃに。
 恋人は、浮気相手がわたしの家族だってことは知らなかったらしい。実は、もし、知ってた上でそうしたんだったら、許してあげようと思ってた。だって、「わたし」っていう繋がりがあるからこそ興味を持ったのだとしたら、まだ、まだだけど、個人的には、まだ可愛げがあるって思えたから。でもそうではなかった。わたしの家族を壊すきっかけになった恋人の行いにはなんの理由もなく、意味もなく、思い付きの遊びだったんだとわかった瞬間、何もかもがどうでもよくなった。ただただ目の前の恋人が許せない。その気持ちだけがせり上がって止まらなくなった。
 気付けばわたしは振り上げた手を恋人の顔目がけて振り下ろしてた。グーだった。思えば人を殴ったのはあれが初めてだったと思う。ほとんど不意打ちだったから、恋人も咄嗟には反応できなかったみたい。わたしの拳をまともに受けて、半回転気味に崩れ落ちた。わたしは痛がる恋人を仰向けに転がして、馬乗りになって、追い討ちをかけた。怒りと悲しみで我を忘れてたとはいえ、この時には明確な殺意を持って、拳を打ち付けてた。繰り返し、繰り返し。興奮し切ったわたしの脳みそからは、アドレナリンだかドーパミンだかがばんばん出てたんだと思う。手の痛みに気付いた時には、わたしの手はボロボロになってた。ボロボロになるまで気付かなかった。それから、大好きだった筈の恋人の顔も……。
 わたしは怖くなって逃げた。脇目も振らず。何もかもを投げ出して。ぐちゃぐちゃになってしまった家族も恋人の顔も考えないようにして。
 そしてこの街にきた。わたしを知る人は誰もいない街に。
 この街に辿り着いたわたしがまず最初にしたことは、泣くことだった。ただひたすらに泣いた。悔しさと罪悪感に押し潰される前に、その全部を涙と声に変えて吐き出した。そうしている内に拾ってくれたのが、マスター、あなただよ。そう。あの時の手の怪我は、人を殺したことが原因だったんだ。
 あなたには感謝してもし切れない。何も聞かずに手当てをしてくれただけじゃなく、こんなわたしに住み家とメシの種まで与えてくれた。今だってこうして、美味しいお酒を提供してくれてる。あなたは以前、自分には過去があるって言ってたけど、わたしにとってはどうでもいいことだ。わたしにとって、あなたは聖人だよ。ほんとにありがとう。
 ここまで聞いてくれたのなら、残りも最後まで聞いてよ。
 あの、言いにくいんだけど……謝らせて欲しいことがある。マスター。わたしはあなたを裏切るような真似をしてしまった。あなたの友達を殺してしまった。そう、ずっと行方知れずになってる彼。わたしの仕業だったんだ。三人目の殺人はそれだよ。彼は今、街外れにある井戸の底で眠ってる。あの日も夜で、暗かったから。後ろから、どんって。疑わしいなら後で確認してみるといい。暗いから、くれぐれも気を付けて。ああ、もうちょっと待って。もうすぐ、終わるから。
 彼はね、マスターを侮辱したんだ。少なくともわたしにはそう聞こえるような発言をした。マスターなら許していたような内容だったかもしれない。でもわたしには到底、許せるものじゃなかった。実のところあの時点で、殺した人数が一つ増えようが今と大差ないとか考えてる自分がいたよ。二人も三人も変わらないって思ったのは、わたしの方だったみたいだね。
 発言の内容? 言わなきゃいけないかな……。マスターのことを、苦労知らずって言ってた。ねえ、二人は本当に友達同士だったわけ? 本当に友達なら、相手のことをわかり合ってるなら、そんな発言、出よう筈もないのに……。あの時の彼は、別に酔ってなかったと思う。マスターは許せるの? あんな、想像力の乏しい、思慮の浅い人のことを。……許せるんだ。どうして? どうして受け流せるの? ああ……やっぱりね。あなたは本当に、本当の聖人なんだね。……えっ? でもわたしは、マスターにとって、ひどいことを言われても許せてしまえるぐらいには仲の良い相手を殺した仇みたいなものなんだよ。……はは。ははは。ねえ、マスター。あなたは間違いなく優しい人だけど、なんでも許せばいいというものでもないと思うよ。ううん、嬉しいけどね。わたしの気持ち、ちゃんとわかって貰えてるんだって思えたから。だけど正直、マスターのそういうところは嫌いかな。
 マスターが許そうとも、許さなくとも、わたしは許さない。許せない。わたしが殺した彼も、わたし自身も。
 だから、わたしはこれから、四人目を殺そうと思う。誰を、って? それ、わかってて聞いてるよね。
 ――子供の頃、おばあちゃんを殺した。数年前に恋人を。少し前には、恩人であるマスターの友達を。
 三人分の命を背負って生きるには、わたしの命はあまりにも小さ過ぎる。押し潰されてしまいそう。こんな思いを抱えたまま生きるのは、あまりに辛い。もう……疲れた。
 今日の代金だけど、財布ごと渡しておこうと思う。死人には必要ないものだから。いつもいつも、世話になりっぱなしだったね。最期まで、本当にありがとう。
 じゃあね、マスター」

 本日最後の客が、寂れた一軒のバーから出て行く。
 置き去りにされた財布の中に、現金以外のものは何一つとして入っていなかった。


 了


---

一応、会話はしてるんだけど、1人分の発言しか書いてないせいでドッジボール状態になってしまったわ…



あでゅー。
 
 

ワインのせいにして

はいでぃほー。



ただいま。


DSC_0477.jpg

恒例の幼馴染と河原町行ってきたよーー。
これはお茶した時の写真。


で、夜。
晩ご飯でのワインボトル1本は流石にきつかった…


頭痛い。

吐きそう。


気持ちよくなって、テンション上がって、お互い胸の内に秘めてたことなんかも語り合って、
すっげーーー楽しい時間を過ごした!!

のに、いざひとりになってみると…


あれあれっ。

体がおかしいぞ?


うずくまって、うーうー言ってました。
今も記事を書きながら、時々うーうー言ってます。


あと、また買った。

DSC_0481.jpg

賞品の図書カードも早速役に立った。

プ~ねこ。

ずっと買ってたのに、もう新刊出ないと思って諦めてた。

でもこれ、2016年に出てるんだね。

知らんかった。


それから、伏田のアニキに教えて貰ったんだけど、桜庭一樹の新刊(もう新刊じゃない)も知らない間に何冊か出てた。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけないの後日談とか。
あれに後日談があるの!?読みてーー。


そうそう。
カラオケ行った時、幼馴染に「声張って歌うけど後大丈夫なん?」って言われたんだけど…

全然へーき。

だって喉で歌ってないもん。

カラオケレベルのド素人だけど、それぐらいはできるんだぞーー。
(野良ボーカリストのちっぽけな意地)


そんでご飯の時に話したことは、今日寝て起きたら多分、記憶喪失。笑


あとなんか書き足らんことあったかな…

ちょっと今は、考えるのも無理!!


ああ。
日付が変わって、またひとつ歳を重ねてしまいました。
(前祝い?に、ケーキは幼馴染の奢り!)



あでゅー。
 
 

掴み取ったギフト

はいでぃほー。



か、か、か、


買ってしまったー!


DSC_0452.jpg
DSC_0453_201806020511228f9.jpg


アナスイの二つ折り財布!!


ずーっと迷ってたんだけど、先日1万5千円以上で3000円OFFのクーポンが配られて、迷う理由がなくなった!


今までアリスモチーフのメルヘンな財布使ってたんだけど、
去年~今年の間に趣味がメルヘン→ポップに変わったし、
何より三つ折り財布で会計の度に申し訳ない気持ちになってたから、それがなくなるだけでもすげー嬉しい!笑



で、これもすごく嬉しいし大事なんだけど、


ついに届きました!!


DSC_0461.jpg


ふりーむから、ゲームコンテストの賞品が!!
(黒い子は違うよ)


届いたのは土砂降りの日でした…笑

でも、ちゃんとクリアファイルに入れてくれてたお陰で濡れずに済んだよ。


手書きのメッセージカードまで付けていただいてます!

DSC_0461-2.jpg


玄米さん。という方からいただきました。


しかも、よく見て下さい。


DSC_0461-3.jpg


ちっちゃい司とアリスがいるーー!カワイーー!!


めっちゃ嬉しいです。ありがとうございます。


賞品は2000円分の図書カードでした。
DSC_0461-4.jpg


新しくなった図書カードなんで、有効期限があります。って言っても、15年程ですけど。
この15年の間に430円のハンタが5巻以上出るかどうかに、これを使い切れるかどうかがかかってるんだね。笑

という訳で、今、半額分用意してるからnoalaさんはもうちょっと待っててね。


ちなみにこれ受け取った後で「本日発送しました」ってメールが入ってました。

送信忘れてたんだろうね。
「本日」の部分は消してもよかったのよ。笑


もっかい言っておこう。


あでぃがどーー!!



あでゅー。
 
<-   06 2018  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

hanaco

Author:hanaco
記事はつどつど修正したり非公開にしたり公開したり。躁鬱気味。
自作ノベルゲームはここについてにリンク張ってます。

作詞のお仕事を募集しています。詳しくはこちら

■like
オンガク…LiSA/遊女/Hilary Duff/JUDY AND MARY
ブランド…HYSTERIC GLAMOUR/RODEO CROWNS WIDE BOWL/ACCOMMODE

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS