かわやの

かわやの

趣味でノベルゲームつくってた人の日常

 

人のガチモンのトラウマ軽々しく扱う奴は人間じゃないけど

初代のシオンタウンのBGMぐらいでトラウマ負ってる人ってよく今まで生きてこられたよなって思う。


これ思ってるの私だけじゃないけど「トラウマ」って言葉軽々しく使われ過ぎやろ。
こちとらゲームごときでトラウマ背負ってられる程ぬるい生活しとらんのじゃボケナス。





ごめんなさい。めっちゃ腹立ったんです。
許して下さい何にもしませんけど。


…これだけじゃいくら何でもアレかなと思ったんで、トラウマって程じゃないけど幼い頃怖かったものの話。

ジョーズの何作目か知らないけど、海を探索中にボロボロの生首が出てくるシーンがあるんです…ありませんでしたっけ?
金曜ロードショーだか日曜洋画劇場だかでそのシーンを見た私(当時4歳)はそれ以来、生首が1番怖いものになりました。
それはもう、もののけ姫のアシタカ暴走シーンで画面から目を逸らすぐらいに。

その10年後。
人体の不思議展(当時は京都で催されてた)で本物の生首どころか人間の輪切りを見て大はしゃぎする私の姿が!

そしてその日、眠れない夜を過ごしました。
(目を閉じれば昼間見た死体の表情が)

初めての完徹でした。

何だかんだで怖いは怖いんですけど、それよりA.I.って映画のCMが怖くてしょうがなかった時期もあります。
正面から見たらポニーテールの女の人が、横向いたら機械剥き出しの頭してるんです。
あれが何だかすごく不気味で、しばらくはお面見るのも怖かったのを覚えてます。
顔の形したトンネルも、CMで流れる寂しげなBGMも何もかも怖かった。

それからメトロポリスって映画でヒロインの顔が半分黒くなってるのも怖かったです。

メトロポリスは克服できてると思うけど、今でもA.I.は1人で見れません。
ホラーでも何でもない、感動のファンタジーなのにね。
えっ、SFじゃないのかって?…どうなん?
あー、あとデイビッド(主人公のロボット)がほうれん草頬張って顔の皮がだるーんってなるシーンも怖い…

でもね、何気なく零された一言に救われるって描写にはすごく感動しました。

人に一生消えないトラウマを植え付けもすれば、救いもする。
1番怖いのは言葉かもしれませんね。


おっ、綺麗にまとまったんじゃないか!?
よしここで終わろう。
 
 
Comments

 
<-   06 2018  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

hanaco

Author:hanaco
滋賀在住。躁うつ気味。
趣味でノベルゲームつくってます!!作品はここについてにリンク張ってます。

何かを書き続けていたいです。

■like
オンガク…LiSA/遊女/Hilary Duff/THE ORAL CIGARETTES/JUDY AND MARY
ブランド…PARADOX/ACCOMMODE/Scolar
ソノホカ…桜庭一樹/クラピカ(←最萌え!!)

作詞のお仕事を募集しています。詳しくはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS