バンドのこととか

音楽興味ない人にはつまんない話になると思いますが、私がバンドやりたいと思ってから今までの経緯など。

ボーカルやりたいと思う

アニソンバンド組む

リーダー(ギター)が一方的に解散宣言

1人でも弾き語りができるようにギター練習しようと思い立つ

成り行きでギターとユニット組んでオリジナルつくる

方向性の違いから解散

新しくオリジナルバンド見付ける

理由は色々あるけど、面倒に感じて自ら脱退 ←今ここ

この記事読んですごい共感覚えました。
特に、

バンド初心者がメンボでメンバーを集めスタジオに入るとする。お互い素性をあまり知らず言葉を交わせば遠慮気味の敬語。とりあえずコピーでもしようかと演奏を始め終わる。
このような状況ではそのスタジオは『なんとなく』で終わるだろう。
コ ミュ力が高い人がいれば「なんかお前の音変じゃね?」とかアドバイスをくれるかもしれないがしょせんまだまだ他人。こんなスタジオを数回繰り返していると 誰かしら脱退するか突然連絡が取れなくなるだろう。

この部分。

「そこはもう少しこうした方がいいんじゃないか?」と思っても言えない空気感が出来上がる。
当然、私に変なところがあっても指摘してくれる人が誰もいない状態。
しまいには形にならない音楽を差し置いて予定ばかりを語り合う、ぐだぐだムードが漂い始める。

実際、メンバーの1人と連絡が取れなくなって自然消滅したこともあります。

誰が悪いとかでもないんですけどね。

音楽活動には妥協が必要だ!ってのは身をもって痛感しておりますが、確固たる信念を捨ててまで続けられるものじゃないです。
自分が何をやりたかったのか見失った時点で終わり。
心の底から音楽が好きで、音楽がやれるなら何でもいいって人でないと、バンド活動を続けるのは難しいと思います。

今後絶対にバンド活動しないかといえばそんなこともないと思いますが、不完全燃焼した感は否めません。
少なくとも今は、カラオケで個人的に楽しむのが1番だと思ってます。
Home |  Category:日常 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

hanaco

Author:hanaco
滋賀在住。躁うつ気味。
趣味でノベルゲームつくってます。作品は「ここについて」にリンク張ってます。

ほんとは書くより読む方が好きですが、読んでると書きたくなるよね。

like:LiSA/桜庭一樹/クラピカは最萌え

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR