FC2ブログ
かわやの

かわやの

書きたい時に書きたいことを書きたいだけ。ノベルゲーム置いてます。フリーの作詞家になることもあります。

 

寂しいけど、楽だから

はいでぃほー。


「トビウオ」公開から月が替わり、区切りって呼べるものを迎えたような気がします。
なので今回はそのトビウオについてつらつらと書きます。

と。その前に。


先月、台風のせいですげー停電して大変でした。
夜中(午前)からその日の夜まで続く長さのは初めての経験です。

それまでにも短いのが何回かあったんですが、
停電と停電の合間に大急ぎでシャワー浴びといてよかったです。
(お湯はガスだけど、ガスを制御してるのは電気なので)

ちなみに幼馴染んちは屋根の瓦が一部飛んだそうです。


大きな風が吹き始めたのが22日の夕方。
LiSAのびわ湖ホールデート(デート=ライブね)が21日。

だから私は思うのですよ。


LiSA持ってるな!!


って。


ほんとにぎりぎり。

巡り合わせに感謝の気持ちが込み上げます。
うちからもう少し北側は復旧までもっと時間かかったらしいから、それも含めて。


さて。本題!


まず反省点:
 BGMに静かな曲ばかりチョイスしてしまった

全ルートクリアしてくれた方は、ぜひ睡眠導入にでも再利用をお願いします!


ゲーム公開後、もう1度シナリオを頭から読み返してみました。
恐らく私にとってはこれが、この作品を読む最後の機会になるんじゃないかな。


こっからは自分の気持ちも交えて、制作の経緯など。


この作品を書き始めたのは、2015年の9月でした。

その日は休みで、ここで何度も言ってるかもしれないけど、丸1日使って冒頭を書き上げました。
(お風呂のシーンまで)

そこから何度も加筆修正してるけど、筆の遅い私が1日で20KB以上も書いたのは初めてでした。

その日以前から、こんな作品を書こう!なんてことは一切思ってなくて、
あの日に目覚めた瞬間の思い付きから、トビウオは始まりました。


可愛い女の子をメインにしてみよう。
キャラが被らないパターンを考えてみよう。
名前はそいつのイメージから付けてみよう。

こうして生まれたのが、司、アリス、雅、鬼塚でした。

ストーリーは全体的にぼんやりとしか決まってませんでしたが、
ある時ふと、自分以外が読んでも面白いって思って貰えるにはどうすればいいんだろう。って意識が芽生えて、
そっから自分の好きな要素の削減、好きじゃない要素の追加をしていきました。

シナリオの話はこんなとこかな。


1作目の「CP」を遊んでくれた人ならわかると思うけど、
私、絵を描くのが苦手なんです。
(それでもCPは頭掻き毟りながら頑張って描いたんですよ!)

だから1度でいいから、上手な絵で自分のキャラを見てみたいなってずっと思ってました。

でも貧乏人の私は、作品がフリーで公開するものっていうのもあって、
まともにギャランティを用意できそうにありませんでした。


そんな時に2つ返事で引き受けてくれたのが、noalaさんでした。


noalaさんからの快い返事を貰った時。正直、

これって安請け合いにならん?

って心配する私がいました。
それぐらい迷いのない返事だったんです。


でも最初に貰ったキャラのデザインラフを見た瞬間に、
「あっ、司とアリスと雅と鬼塚だ」
って、4人のキャラがすとんと心に落ちてきたんです。

私がもともと持ってた彼女らのイメージに、ぴったり重なったんです。

嬉しかったです。
自分の考えたキャラなのに、自分の目で見ることができて、
初めましてー!!って感じでした。ほんとに。

noalaさんにはいっぱい描いて貰ったけど、どれが1番好き?って聞かれたら、
見た瞬間の感動が1番大きかったこのラフをうっかり挙げそうです。
(ユーザーほったらかし!)


そんなエピソードはあるものの、もともとリーダーシップなんてのが備わってない私。
どうしたら「こいつになら付いてってやってもいい」って信用して貰えるようなやり方ができるだろうかって、
(こう見えても結構)うんうん唸ってました。

もしかしたらもっといいやり方があったかもしれない。
資料1つ取っても、わかりやすい書き方があったかもしれない。

それでも頑張ってくれるnoalaさん。


気付けば私はひとりぼっちじゃありませんでした。

一緒に創るってこんな感じなんだ!って、いつの間にか思えてました。


ゲームとしてのトビウオは、noalaさんの絵でないと完成しない。そう思いました。


あの日の思い付きから始まったトビウオは、
noalaさんを巻き込む形で、それぞれの作業を進める内に、
こうして出来上がりました。


他人からすればただのフリーゲーム。
たかがフリーゲーム。

でも、公開してから今まで何百人かの人に遊んで貰えたこのゲームは、私にとって大切な思い出になりました。
こんなに楽しい時間があったんだってことを、忘れないでいたいと思えました。

だから私は「トビウオ」が大好きです。
noalaさんが大好きです。
この作品を面白いって思ってくれる人が大好きです。
ほんとにありがとうございます!


トビウオがこれから、まだまだたくさんの人に楽しんで貰えますように。

そう祈りつつ、またひとりぼっちに戻って、次の作品に向かいます!!


2年も経つ頃には何かしら出せてるように進めたいと思います。
オメーの日常に興味なんかないわ!って人も、それぐらい経つ頃にはまたここに来てくれると嬉しいな。


10/7 デイリー15位
daily1007.png


こっちは10/11時点のウィークリー。30位。
weekly1011.png


また来てねー!
あでゅー。
 
 
Comments

 
<-   11 2018  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

hanaco

Author:hanaco
記事はつどつど修正したり非公開にしたり公開したり。躁鬱気味。
自作ノベルゲームはここについてにリンク張ってます。

作詞のお仕事を募集しています。詳しくはこちら

■like
オンガク…LiSA/遊女/Hilary Duff/JUDY AND MARY
ブランド…HYSTERIC GLAMOUR/RODEO CROWNS WIDE BOWL/ACCOMMODE

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS